ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

帰国前日症候群〔2018年4月7日(土):ハワイ5日目(最終日) 2〕

f:id:hawaii-ojisan:20201121104525j:plain

〈Peal's Korean BBQ〉のプレート・ランチ

 朝の明るくなった空は、ほとんど雲に覆われているけれど、雨ではない。道を見ても濡れていないから、夜も降っていなかったようだ。雨が降っていないだけいいのだけれど、なんだかどんより感強し。
 こんな天気だと、帰国前日症候群の心は、さらに浮かなくなる。マイナス・イメージ、うしろ向きの気持ちが、雲と同じようにコオラウ山脈の方から、モクモクとわき出てくる。早く、気持ちを入れ替えなくてはいけない。

 部屋の窓は、日光を遮るために黒い色がかかっている。このガラスを通した外界は、晴れていても味気ないものだ。朝なのに、まるで夕方のように思えてしまう。だから、窓を開け放って、外が見えるようにして過ごしている。こうしていると、生のハワイを感じることができる。
 どうやら天気はなんとかもちそうだ。

 実は、昨日のコンドへの帰り道、足の痛みを感じ始めていた。やはり3万歩ほど歩いたのは、ヘビーだったのかもしれない。足の疲れもたまってきているようだ。
 そして、今日ベッドから降りたら、結構な痛みとなっていた。かかとが熱を持っていて、ジンジンしている。今までの経験からすると、これはあぶない兆候だ。これがひどくなると、歩けなくなる。なんとか今日一日、がんばってくれますように。