ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

夜景考〔2018年4月6日(金):ハワイ4日目 76〕

f:id:hawaii-ojisan:20201118090855j:plain

アラモアナ・ホテルから

 外では、ヒルトン・ホテルの花火があがった。きれいだ。近くで見れば、迫力もあって、さらにきれいなのだろう。しかし、僕には、ハワイの普通の夜景のほうが美しく思えてならない。

 普通の静かな夜景にも、最近、LED照明で変化が起きている。橋に取りつけられた明るい照明、そしてマッカリー・SCやヒルトンの屋根に取りつけられた緑の照明、どれもギラギラと目を刺激してくるものが増えている。
 山腹に小さく見える、オレンジ色の灯火は、なんと心安らぐ色なのだろう。光の洪水。こうも沢山ネオンがあると、夜景もまた昔とは変わったようだ。

 ホテルの位置、部屋の向きによって、夜景も大きく変わる。もっと静かな夜景の見えるホテルに泊まりたいと思うときがある。となると、あのカイマナビーチ・ホテルくらいワイキキから離れてしまうのもいいのかもしれない。きっと静かな夜景に包まれていることだろう。また泊まりたいと思っても、なかなか実行できない、カイマナビーチ・ホテル。いつかまたきっと。