ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

インターナショナル・マーケット奥にあった〈味加園〉〔2018年4月6日(金):ハワイ4日目 75〕

f:id:hawaii-ojisan:20201117083831j:plain

チヂミが付いていた頃の〈味加園〉のカルビ・プレート

 昔は、〈味加園〉のカルビ・プレートも、10ドルほどえで食べられたのだけれど、もはや高級プレートになってしまった。その味があるだけでもありがたいのだけれど、店名は同じでも場所が変わり、店主の顔も見えない。はたして、これは昔と同じ〈味加園〉といえるのだろうか、と思えなくもない。ワイキキにあって便利なのだけれど、なんかしっくりしないのだ。

 もしかしたら、味とともに、インターナショナル・マーケットの奥にあった、あの狭くてガチャガチャしたお店の雰囲気が好きだったのかもしれない。そして、そこにいた人達も。あそこには、沢山の思い出が詰まっていたのだ。新しい店には、人をはじめ、そんなものがなにもなくなってしまった。
 新しい店に、新たな思い出を塗りつけていかなくてはいけないのだけれど、こちらの都合としては、そんなに時間をかけてもいられない。

 美しい夜景を見ながら、無事に夕食を終えた。初めての食べ物には、この「無事に」が賛辞となる。それにしてもうまかった、今夜の〈88 スーパー・M〉のプレート・ランチ。