ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

恐怖のエレベータ〔2018年4月6日(金):ハワイ4日目 71〕

f:id:hawaii-ojisan:20201112061919j:plain

日没

 部屋を出て、乾燥機を使いにランドリー・ルームに向かう。

 廊下では、同じ階の住人に出会ったことがない。どんな人が利用しているのかな、と思いながら歩く。そして行き着く先のエレベータも、混んでいることはないのがありがたい。
 しかし、今回は、着いたエレベータにふたりの先客がいた。その姿から、どうやら日本人のカップルと思われた。ランドリールームのある4階のボタンを押そうとすると、なんとすでに4階が押してある。ウッ、これは、競争相手ということになる。もし、乾燥機の空きが少なかったらと思うと、心穏やかではなくなった。

 さらに、途中の階から、黒人の女性が乗ってきた。ロビー階に行くのかと思ったら、ボタンはそのまま。4階でよいらしい。ということは、また新たな競争相手の登場ということになった。どうしちゃったんだ、なんだこれ! ということで、いつもの良きエレベータは、悪しき恐怖のエレベータと化し、4階へ落っこちて行きました。なかから「キャーッ」という悲鳴が聞こえてきたとか・・・。