ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

激変のハワイに溶け込むかぁ〔2018年4月6日(金):ハワイ4日目 65〕

f:id:hawaii-ojisan:20201105092841j:plain

〈ドッツ〉のサラダ(これだけ食ったわけじゃありませんぜ)

 もうハワイに来ないかもしれないと思うと、行きたい場所やお店の「制覇」が気になる。とはいえ、「制覇」はどんなときだって気になる事柄だ。

 「もうハワイに来ないかも」・・・日本にいると、なぜかいつもハワイのことを考えている。アラワイ運河を歩いている自分を想像するだけで胸キュン。サンスーシー・ビーチのベンチに座っているだけで極楽だ。ハワイを好きなのだけれど、その度合い、以前と違うように思えてならない。

 それは、ハワイの変化が激しすぎるせいかもしれない(それに自分の歳のせいも、ちょっと)。こんなこと、いつの時代にも起きていることだろうけれど、あのインターナショナル・マーケットさえなくしてしまう姿は、どうしても理解できない。
 そんな人に、娘は、あっさりと、「新しい施設は便利よ」と諭してくれた。なるほど、思い出のない世代には、そんなものなのだろう。僕らより先輩の世代には、もっとつらいハワイになっているのかもしれない。居心地のいい場所を見つけようっと。
 
 そんなモヤモヤも、ハワイに来たら、どんどん薄らいでいった。薄らいでいくと、「制覇」は不要かというと、そうでもない。また来るに違いない人にも「制覇」は楽しい。
 できれば、行ったお店や場所に「制覇シール」貼って歩きたい衝動は、千社札魂か、あるいは犬のマーキング行動か。