ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

気合いを込めて30ドル、やけで50ドル〔2018年4月6日(金):ハワイ4日目 63〕

f:id:hawaii-ojisan:20201103085810j:plain

ベリンジャー様

16時30分
 舞い戻った〈ロングス〉で、ベリンジャーの赤ワインをゲット。7.99ドル。日本で買ったら、こんな価格じゃないと思うと、ついつい買っておきたくなる。

 ベリンジャーのワイン、日本でもセブン&アイで、コラボ品を売ってますが、モノホンは、やはりお高い。ワインは詳しくないけれど、このベリンジャー様は、ナパ・バレーで140年以上も続く名家のご出身らしい。ロバート・モンダビ様も身売りをしちゃった今、ベリンジャー様の存在は、安ワイン愛好家にもありがたいものです。

 ハワイはカリフォルニアから遠いとはいえ、カリフォルニア・ワインは日本で買うより格段に安い。重い、割れる、酒税の三重苦を考えてもお値打ちでございます。もっとも、好きならばって話で恐縮です。

 もっと高いワインを買う勇気がほしい。で、もっと高いとは・・・20ドルほどという安い男です。さらに、「え~いっ」と気合いを込めて30ドル、「やけになれば50ドルだ」と胸を張ってどうする。