ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

雑然さが安心感を生む店内〔2018年4月6日(金):ハワイ4日目 50〕

f:id:hawaii-ojisan:20201017130846j:plain

〈コーヒー・トーク〉

 今日の〈コーヒー・トーク〉には、日本人観光客はいない。前回は、めずらしく『地球の歩き方』を持った女性達がいた。いるとうれしいような、残念なような、気持ち複雑。自分も同じ立場なのに、「日本人観光客が少ない方がいい」という気持ちがあるからだ。そんな偏狭な気持ちは、開拓者精神にもつながるから、まんざらマイナス面ばかりともいえない困ったヤツである。
 
 店内は、落ち着く空気に包まれている。ハワイっぽい、というのではなく、なんだか古きよきアメリカを連想させてくれるような造りなのだ。50年代、雑然、パイプの椅子、規則性なし、ガタゴト、そんなものがすべて混ざり合って、不思議なことに安心感を与えてくれるのだ。  
 これが、〈ボガーツ〉だと、こうはいかない。狭いことによる圧迫感、「仲間じゃないぞ」、そんなものが押し寄せてくる(ような気がする)。ただここは、ホテルから「ちょっとそこまで」できないなのがつらい。でも、だからいいということもある。