ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

〈グッドウィル〉の同好の士?〔2018年4月6日(金):ハワイ4日目 46〕

f:id:hawaii-ojisan:20201013055908j:plain

〈グッドウィル〉

 商品はいいものを見つけられなかったが、そこは〈グッドウィル〉、ただで帰すことはしなかった。品物ではないが、おもしろい人物を配してくれていたのだ。それも、ふたりも。

 ひとりは、僕のように熱心に捜し物をしているアジア系のおじいさん。僕も店内をくまなく見ていてわかったのだが、行く所行く所で出会うのだ。つまり、彼もくまなく売り場を見ていたのだ。その見方は、なにかに取りつかれたように極めて熱心。眼光も鋭い。もしかして、商売にしているのだろうかと思わせるような取り組み方だった。

 同好の士のその姿は、自分の姿を見るようだ。自分もあんな姿で、店内を徘徊しているのだろうかと思うと、コワイものがあるが、「負けないぞ」と思ってしまうところが、もっとコワイ。