ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

もっとガーリック・トーストを〔2018年4月6日(金):ハワイ4日目 41〕

f:id:hawaii-ojisan:20201006061209j:plain

〈ホールフーズ〉のデリ

 ランチ・ボックスを抱えて、店の前のスペースに移動。お昼時間にもかかわらず、席はまだまだ空いていた。周りには、お年寄り夫婦、モールで働いているような人や小さな子ども連れの姿もある。当然庶民的な雰囲気でいっぱい。高級感漂うカハラ・モールではないような様相で、まるでカハラの異端児。あるいは、これがほんとのカハラの姿……いやまさか。なにはともあれ、ここ、うまく使えば快適空間です。

 さあ、昼飯だ。蓋を開けると、きれいであることに感心するより、やはりちょっと軽かったなという印象のほうが強かった。野菜中心の、いたって健康的な食事なのだ。
 おいしかったのは、ハムの塊とガーリック・トースト。ガーリック・トーストは、もっと、そして、また食べたいほどだった。いっそ、「おかわり」しに行くか・・・。

 軽めの食事ながら、ゆったり、ゆっくり、昼食を摂ることができた。満足しながらも、白状すると、さっき見たサーモンの巻き寿司もよかったなと思ってしまった。ちょっとご飯物に飢えてきたか。