ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

突如の下車〔2018年4月6日(金):ハワイ4日目 33〕

f:id:hawaii-ojisan:20200928082140j:plain

カハラ・モール

11時36分
 バスはカハラ・モールに到着。急遽ここでバスを降りることにした。

 急に降りたことでもわかるように、今日は、マカプー以外は、大きな予定を立てていなかった。時間があれば、チャイナタウンにでも行こうかくらいの予定でいたけれど、マカプーは、予定していたより短時間で終えてしまっていた。
 さて、これからどうするかなぁ状態で、ここまで進んできて、ちょうどいい所にカハラ・モールがあったのだ。

 途中、ココクレーターの植物園に行くか迷ったけれど、マカプーのあと植物園をフラフラ俳諧する気持ちにはならなかった。自然に飽きていたのかもしれない。ということで人工物でいっぱいのカハラ・モール。

 ここで降りることを決めたもうひとつの理由に、娘からカハラ・モールの〈ホールフーズ〉で、変わったチーズが売っているという情報をもらっていたこともある。ちょうどいいチャンスだから、寄って確認しておこう。

 途中、しっかり眠ってしまったので体調は万全。時間も時間だから、ここで食事ということになる。さて、なにを食べようかと考えながらモールのなかに吸い込まれる。