ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

待つには厳しいバス停〔2018年4月6日(金):ハワイ4日目 28〕

f:id:hawaii-ojisan:20200922090515j:plain

マカプーから


また来た道を戻って、バス停に向かう。楽しくない歩行の始まりだ。山を下りる途中、ワイキキ方面へ行くバスが走って行くのが見えた。次のバスが来るまでにバス停に着きたい一心で歩く。

 早く終わりますようにと願いながら、ただただ目的地に向かう道は、つまらない。「ここもハワイ」といい聞かせながら歩くカラニアナオレ通り。帰り道は、苦痛だ。

 やっとゴルフ場近くまで来たけれど、次のバスが僕を追い抜いて行くことはなかった。うまくいけば次のバスに乗れそうだ。そう思うと、ゴルフ場でトイレなんか借りているのが不安で、そのままバス停に向かった。炎天下、屋根もない、ポツンとバス停の表示だけがあるバス停だ。なんだか、ここに立っているの、とっても嫌だなぁ、と思わせてくれるバス停だ。そんな、楽しさゼロのバス停。ここもハワイ。