ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

鯨を見たい〔2018年4月6日(金):ハワイ4日目 23〕

f:id:hawaii-ojisan:20200916092258j:plain

f:id:hawaii-ojisan:20200916092328j:plain

マカプー


 上から砂浜を見ると、海沿いには、やはりトレッキング・ルートが見える。あとで地図を調べると、海側を歩いて、またバス通りに出られるようだ。ゴルフ場より、もっとワイキキよりのバス通りだから、バス停からは少し離れている。平地だから、時間に余裕があれば楽しめそうなルートのように思われる。詳しい情報がほしいのだけれど、これがなかなか見つからない。

 景色はやがて、島の西側から東側の景色となる。海一色だ。実は、鯨が見えればなぁという淡い期待を抱いてやって来ていた。途中、止まっては、目を凝らして海を見続けるけれど、ダメ。期待・ガッカリ、期待・ガッカリ・・・、そんなことを繰り返して歩く。ああ、これはまるで我が人生。

 鯨の代わりに、ヘリコプターが見えた。遠くだけれど、自分の目線と同じ高さに飛んでいる。目線の高さにヘリなんて、なんだか不思議な光景でおもしろい。小人は高い所に登ると、たくさんの感動やら悟りがあるようだ。