ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

美人ばかりに囲まれると〔2018年4月6日(金):ハワイ4日目 22〕

f:id:hawaii-ojisan:20200915064153j:plain

f:id:hawaii-ojisan:20200915064221j:plain

マカプーから


 だいぶ登って来たなと思う頃、右側を見ると、今まで歩いて来た道や、ココヘッドが、お椀をひっくり返したような形で、ポツンと置かれているような姿が見える。壮観。
 あまりにすごすぎて、現実感がない。動きが止まってしまったような、絵はがきの世界。ここを見ずしてなんとやらの種類だ(『ガリバー旅行記』的にお読みくださいね)。

 そんな絶景も、見ているうちにだんだん気にならなくなってくる。それは次から次へと、さらに美しい景色が現れてくるからだ。次から次と感動の雨あられ。美人ばかりに囲まれていると(女性のかたは「イケメン」に置き換えてお読みください)、きっとこんな状態になるのだろうなぁと現実的なことが頭に浮かんだ。さてどうなんでしょうねぇ。これは経験がないから・・・。