ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

ペレの椅子が見えてきた〔2018年4月6日(金):ハワイ4日目 17〕

f:id:hawaii-ojisan:20200908062659j:plain

f:id:hawaii-ojisan:20200908062729j:plain

ペレの椅子


 カラニアナオレ通りの歩道は、右側でも左側でも同じだ。平らな道とはいえ、車との関係では、どちらも歩きやすいとはいえるものじゃない。ただ、道幅はあるから、とても危険という状態ではない。ただ、もし、運転手がよそ見をしてフラリとハンドルを切ったら、極めて危ない、そんなレベルの危険だ(ということで、充分危険)。

 10分ほど歩くと、右手、遠くにマカプーの丘が見え、その突先にペレの椅子も見えた。ここまで来ると、ちょっとやる気が出てくる。
 ペレさんの椅子・・・たぶん昔、ペレさんの持ち物で、座っていたのでしょう。今でも座ってくれていたら豪快なのですが・・・。しかし、ほんとに椅子に見えるなぁ。

 時々、ガードレールを越えて歩ける場所がある。そんな時は、すかさずガードレールを越えて、少しでも危なくないように進む。そんなことを繰り返していくと、やっとマカプーのふもとが大きく見えてきた。