ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

ここもハワイ〔2018年4月6日(金):ハワイ4日目 15〕

f:id:hawaii-ojisan:20200905075020j:plain

カラニアナオレ通り


 歩道の右側は、草木で見えないけれど海があるはずだ。海が見えれば、少しは気分もいいけれど、まったくダメ。

 ガードレールを越えて海側を歩きたいけれど、いくら先に進んでも背の高い草木で覆われ、歩くなんてできる状態ではない。これは、前述したようにグーグルで調べてきたこととは大違いだった。グーグルの航空地図では、いかにも歩けそうなルートが見えるのだけれど、とても入れるような状態ではない。
 「だいたいあの写真は、いつだったんだいっ!」と愚痴る。今さらだけれど、季節とか年代とかもあり、写真は迂闊に信じてはいけないのだった。
 いつまでもこんな状態が続くのかなと思っていると、歩いていても楽しくはない。早く着いてくれと思って歩くだけ。こうなると、歩行はつらいだけとなる。そんなときは、「ここもハワイ。いられるだけ幸せなんだ」と思うようにしているのだけれど・・・、なかなか脳は納得してくれない。