ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

カラニアナオレ通りを歩く〔2018年4月6日(金):ハワイ4日目 14〕

f:id:hawaii-ojisan:20200904082628j:plain

ヤギだったらなぁ


9時20分
 ゴルフ場スタート。
 ゴルフ場の門で、海側の歩道を歩くか、山側の歩道にするかで迷った。どっちも決め手に欠き、楽しさとか安全面で決定打がないのだ。ならば、降りて行く可能性がある、海側の道路フェンスに沿って歩くことにした。フェンスの海側は人が歩けるような場所ではない。つまり、このフェンスは、車が海側に落ちないように付いていることになり、人のためではないようだ。

 誰か歩いていないかなぁと思っても、人の姿はない。グーグルのストリート・ビューを見ると、人が歩いている所もあったので、まったくそんな変わった人がいないということもないようだ。そんなにめずらしいことなのかなぁ、と僕は思うのだけれど、どうなんでしょうね。