ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

マカプーへの海側ルート断念〔2018年4月6日(金):ハワイ4日目 12〕

f:id:hawaii-ojisan:20200902055905j:plain

カラニアナオレ通りの両側


 バス停からマカプーまで行く道は、ふた通りあると思ってやって来た。ひとつは素直にカラニアナオレ通りを歩く方法。そしてもうひとつは、海側の砂浜方面の道を歩く方法。できれば自動車が通らない所を歩きたい。

 グーグルのストリート・ビューで下見しておいた海側に降りて行くルートを見てみると、ものすごい草木で覆われていて先が見えない。これでは、とても行けそうにないことがわかった。
 現実とストリート・ビューとは大違い。となると、カラニアナオレ通りを歩くしかないようだ。繰り返しになるが、車がビュンビュン通る道を歩くのかと思うと気が重い。だいたい「カラニアナオレ」なんてかわいい名前が付いているけれど、元をたどればH1ということになる。つまりH1を歩いていることにもなり、そう思うと、恐さ百倍、スリル満点。喜んでいいのか、わるいのか。
 途中で、海側に降りられる所があれば、下に降りて行くことにする。