ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

夜道〔2018年4月5日(木):3日目 47〕

f:id:hawaii-ojisan:20200810082323j:plain

静かだった頃のホノルル・スタジアム・パーク(2012年)


 そしてまたホノルル・スタジアム公園まで来る。前述のとおり、暗いここを通り過ぎるのは、やはりちと気分がよくない。公園は、静かとはいえ、人の動きがあってざわつきを感じる。早くここを通り過ぎたい一心で歩く。

 公園を過ぎれば、レストランやガソリンスタンドが現れ、また明るい気持ちで歩くことができる。そして、マッカリ-通りを曲がって、マッカリ-・SCまで来れば、もうあと少しでロイヤル・ガーデンだ。
 たかだが30分ほどの道程だけれど、ここまで来るのは結構たいへんだ。距離もあるけれど、「行きはよいよい、帰りは・・・」の法則かもしれない。この辺でやっと都会に来たという気持ちになる。そして、アラワイ運河の橋を渡る。

 アラワイ運河沿いの道は、夜、犯罪が多いとよく聞く。だから、用心して歩く。人が歩いていれば、なるべくその人の近くまで早足で歩いて行く。で、その人が泥棒さんだったということもありえるわけで・・・気をつけましょう暗い夜道。ということになる。これは、なんの法則だろうか。