ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

間違い探しの帰り道〔2018年4月5日(木):3日目 46〕

f:id:hawaii-ojisan:20200808060501j:plain

こんなお店もあった(サウス・キング通り)


19時5分
 〈ダウン・トゥ・アース〉を出発。外は、真っ暗だ。
 野菜をカゴに入れた主婦状態で、また来た道を戻る。帰り道は遠い。スーパーの近くは、まだ人通りもあって、寂しくないけれど、この先が問題。

 行かなかった、〈ワン・プラス・ワン〉の店の前には、〈カハイ・ストリート・キッチン〉というプレートランチ屋さんがある。初めて見るお店だけれど、『アロハストリート』148号(エムオン・エンタテインメント刊)によれば、「一流レストランの味をリーズナブルに楽しめるプレートランチ」屋さんらしい。「リーズナブル」という言葉を聞くと血が騒ぐ。いずれここも制覇しないといけないことになりそうだ。
 ここは以前、〈H.k.'s〉というお弁当屋さんだったはずだ。地味な姿の店だったけれど、いつも店の前は賑わっていて、おいしいのだろうなぁと思いながら通り過ぎていた。一度、食べてみたかったのに、いつの間にか違うお店になっていた。新たなお店も、またいつなくなるかわからないから、早めに行っておいたほうがいいのだろう。

 歴史とか、懐かしさとか、そんなものはどんどん吹き飛んでいくハワイ。それが地価とか家賃、税金やらが原因だったら、なんて寂しいことだろう。変わらないもの探しをしているような毎日。まるで間違い探しをしているみたいだ。