ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

アップル・バナナ〔2018年4月5日(木):3日目 45〕

f:id:hawaii-ojisan:20200807080730j:plain

ハワイ産パパイヤ(うしろ姿)


 

 〈ダウン・トゥ・アース〉を歩き回って手に入れたのは、ハワイ産のパパイヤ1.74ドル、オレンジ2.21ドル、ロメイン・レタス1.72ドル。

 ハワイなのに、ハワイ産パパイヤを手に入れるのは、なかなか難しい。スーパーで売っている安いパパイヤは、フィリピン産が多い。せっかくハワイにいるのだから、できることならハワイ産を食べたい。

 さらに、食べたかったアップル・バナナもあったので驚喜乱舞。バナナの前で、スキップしそうになったけれど、スキップは苦手だったのでやめておいた。
 バナナは、1本からでも買えるのがうれしい。今まで、アップル・バナナは、チャイナタウンでないと買えないと思っていたのだけれど、ここに来ればいつでも買えることがわかった。それも1本からでも。ああ、「ウッシッシ」と叫んでしまいたい衝動をどうしたらよいだろう状態。スキップがだめならバンザイ三唱ならできそうだけれど……、やめておこう。
 しかし、1本売りのバナナ、そんなわがまま勝手を許すアメリカのスーパーは偉い。最後は、ボロボロのバナナばかり残ってしまうわけですが、そのぶんも料金に入っている、ということになるんでしょうねぇ。

 さて、本日のメインディッシュは、なんとアボカド・サンド、5.49ドルとなった。なんて健康的なんだろう。肉なんか食うヤツの気が知れない、と思うことにした。これにビールとレタス。デザートにアップル・バナナがつくから、もう万人が認める高級レストランだ。ということになった。

 このお店、細かく見て行くと、楽しいものが沢山ある。ただ、残念ながらそれを実行するだけの気力と体力が残っていなかった。最近、こんなことばかりが多い。歳とったかなと思う事柄の筆頭です。
 こうなると、朝一番で来て、じっくり昼頃までいるというのもありかも。さらに、ここで昼飯を食べ、3時頃までいるっていうのもありかもしれないけれど、どんなもんでしょうねぇ。