ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

「ダウン・トゥ・アース」〔2018年4月5日(木):3日目 44〕

f:id:hawaii-ojisan:20200806071916j:plain

〈ダウン・トゥ・アース〉


 サウス・キング通りを歩いていたら、「〈ワン・プラス・ワン〉を目指していた人」が、急に、「〈ダウン・トゥ・アース〉のプレート・ランチという人」に変身していた。
 お昼をしっかり食べたせいか、中華系ではなく、もっとあっさりしたものもいいように思えてきたのだ。脂ぎった中華系より、新鮮野菜のあっさり系。
 あれほど、日本にいる時に食べたかった〈ワン・プラス・ワン〉だったのに、そこを通過するなんて信じられないのだけれど、そうなってしまった。意志薄弱。よくこんなこと、あります。

18時50分
 〈ダウン・トゥ・アース〉到着。この時間になると、もう辺りはだいぶ暗くなってきた。お店を出る頃には、真っ暗な世界だろう。
 〈ダウン・トゥ・アース〉は、ここのところはまっているスーパーだ。そのコンセプトは、「地元産、新鮮さ、オーガニック&ナチュラル製品とベジタリアンライフスタイル」というもの。ここだけしかないものが多いし、食材が安全だということもある。オーガニック製品だから、大好きなパパイヤも、遺伝子組み換えではないものを売っている。ここが肝心。僕は、普段は雑食な人なのだけれど、一時だけオーガニックな人に変身することができる。
 そんな偉大なスーパーだけれども弱点はある。ベジタリアンだということだ。当然のことながら、自由に選べるプレート・ランチにも肉はない。「えっ、肉ないんすかぁ?」という困ったスーパーでもある。長所は短所。
 僕はベジタリアンの人ではないので、お肉も摂りたい。そこがつらい。でも、それ以上に得るものがここにある。