ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

ホノルル・スタジアム・パーク周辺〔2018年4月5日(木):3日目 43〕

f:id:hawaii-ojisan:20200805062620j:plain

先に見えるのがホノルル・スタジアム・パーク


 お店もあって明るいサウス・キング通りだけれど、それがホノルル・スタジアム・パークに来ると、がらりと様子が変わる。公園は、ホームレスさんのテント村となっているのだ。
 以前は、こんなことはなかったのに・・・いつからこんな状態になってしまったのだろう。前回、2016年のハワイ旅行で通った時には、やはりこのような有様で驚いた。

 グーグルのストリート・ビューを見ると、2011年の映像では公園の端のほうにちょこっとテントが見えるだけ。それは、本当に控えめ。今、それは、真ん中に、どうどうと置かれている。大きな変化だ。2011年から2016年くらいの5年間に大きな変化があったのだろうか。リーマン・ショックは、2008年だから、だいぶ前のことになる。この先、このテントは増えていくのか減っていくのか。

 公園から変な奇声が発せられるわけでもない。夫婦なのか家族なのか、そんな単位でテントを張っている人たちも見える。見ていてつらい。そんな公園の横を女性がひとりで歩いて行く。決して警戒しているようには見えないから、危険ではないのだろうけれど、横を歩くのは、「ちょっとなぁ」と思えてしまう。

 いったいどうしてしまったのだろう、最近のハワイ。昔は、こんな光景は目の前に現れなかったのだけれど、近年の変わりようは、時代を表しているのか。あるいは、ただ隠れていたものが姿を現しただけなのか。