ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

モイリイリまでの道〔2018年4月5日(木):3日目 42〕

f:id:hawaii-ojisan:20200804060944j:plain

〈白木屋〉の弁当(2013年)


18時25分頃
 コンド出発。外はまだまだ明るいけれど、帰り道は、たっぷり暗くなっていることだろう。暗いアラワイ運河沿いを歩くことを考えると、ちと気が重い。

 以前は、橋を渡ってからのマッカリ-、モイリイリ方面(運河を越えカピオラニ通りを渡った、マッカリー通りの右側地帯)は、安全かどうか心配しながら歩いていた。右側に広がる住宅街が、ちょっと怖く思えていたのだ。最近では、普通の住宅街だと理解して、車が多い大通りを避け、民家の間を進むことが多い。今まで危険そうな人が歩いているということはなかったけれど、この辺の治安については、情報を持っていないから、十分な注意は必要だと思っている。
 今回も、住宅街を抜けて進み、早めに明るいサウス・キング通りを目指して北上した。大通りに出て、ちょっとほっとしたのも事実。車が多いとはいえ、やはり明るく賑やかな道は安心だ。