ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

歩いて帰らなくていい幸せ〔2018年4月5日(木):3日目 34〕

f:id:hawaii-ojisan:20200725055522j:plain

〈Times〉のテリヤキ・ステーキ


14時55分
 完食して〈マウイ・マイク〉出発。これ以上、ワヒアワを歩く気になれず、ワイキキに戻ることにした。
 店の前のバス停でバスを待つ。いつもここのバス停で降りればいいのだけれど、不安でひとつ前のバス停で降りてしまうのだ。
 目の前を、黒人の女性兵士が手にプラスチックバッグを持って歩いて行く。お弁当のようだ。みんなお腹を空かせている。それにしても、女性兵士が目立つ。これも時代なのだろうか。

14時58分
 52番バスがやってきた。数分待ってバスが来るなんて……たまには、こんなこともある。これで、今までのバスへの反感がすべて帳消しとなる。

 空いている席に座り、外の景色をぼうっと見ながら過ごす。なにかこの町でやり残したことがなかったか、こんなことだけで帰ってしまっていいのか、そんな心残りがあった。心残りのひとつに、今回もこの町にある植物公園に行けなかったことがある。それ以外にも、なんだかやり残したことがあるような気がしてならない。それがなんなのか、はっきりわからなくって、もやもやしている。

 途中、バスにゆられ、気持ちよく居眠りを繰り返しながら進む。歩いて帰らなくてもいいことは、なんて楽なんだろう。さすがにここから歩いて帰ろうとは思わないけれど、大昔、ノースからワイキキまで歩いたら、どれくらいかかるか考えたことがある。今では、そんなこと頭に浮かぶだけでも恐ろしい。