ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

ハワイ初日の使い方(結論編)〔2018年4月5日(木):3日目 18〕

f:id:hawaii-ojisan:20200709061754j:plain

今はなき〈Fatty's Chinse Kitchen〉のプレート


 結局、初日は、空港からどこかに行こうなどと考えないで、素直にホテルに直行。荷物をすべてホテルに置いて、身軽になり、これからの生活の買い出しなどを行うのがいいようだ。これが、「合理的に」と思って、いろいろあくせくやってきたハワイ旅行の結論のように思えた。
 今まで、なにをやってきたのかな、とさえ思えてくる。つらい回り道をして、結局シンプルなところ、つまり最初に戻る、といったところだ。こうなると、今までの右往左往が、ばからしく思えてくる。

 時差ボケ、眠い、だるい、異文化への拒絶反応、ここはどこ?、などという状態の初日は、パッと切り捨ててしまえばいいようだ。こんな日は捨ててしまって、そのぶん、もう1日多く滞在するくらいな、おおらかな予定を組めばいいのだ(滞在費が増えるなぁ~)。 と、そんな大きな気持ちになっていったけれど、これから先も、ずっとこんな気持ちでいられることを祈ってます。