ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

自炊は続くよどこまでも

f:id:hawaii-ojisan:20200706094551j:plain

今はなき〈バビーズ〉のアイス(ひと口食べてます)




 相変わらず、毎日、自炊(『アロハエクスプレス』様のデジタル化)してます。肩がこるほどに。やっと50冊ほどおわりましたので、なぁ~んだ、あと100冊だ。と、うなだれています。
 1日2~3冊が限度であることがわかりましたので(もっとできますが、それはもう工場状態)、あと50日くらい。途中さぼって、2カ月以上。熱い夏、こんなことできるのかなと思うと、9月、10月まではかかりそうです。
 自炊してわかったのは、150ページほどの雑誌が90ページほどになること。広告や絶対に縁のないブランド系や美容系のページをカットしていくと、こうなります。
 雑誌って、バラバラにすると、編集者の意図がつかめます。「大人の事情」とやらもわかり、まるで裸にしてしまったような感じです。

 自炊の前の準備も一苦労。何十枚も一気に切れるカッターがないので、小さな家庭のカッターでバラバラに。これが結構ハード・ワーク。そして、これだけカッターを使っていると、どうも目つきがあやしくなっていくような気がします。一時、ジャックさん。
 なかなか進まない原因のもうひとつは、先般も書きましたが、おもしろい記事が沢山出てきてしまうからです。古くてもう使えないものもありますが、貴重な情報のほうが多くて、「あっ、そうだったんだ」ということばかり。すると、作業時間は倍、いや3倍、4倍。美しい写真(山とか海ですからね)などにも感心していると、5倍、6倍。「おとなの事情」とやらを考慮しても、とってもディープな雑誌だと、改めて頭をたれてます。すると、作業時間は7倍に。