ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

ワヒアワ詣で 〔2018年4月5日(木):3日目 10〕

f:id:hawaii-ojisan:20200630061132j:plain

For Lease


10時45分
 8番バス到着。僕の乗るバスだ。これに乗って、アラモアナ・SCまで行って、次は、51番か52番に乗り換える。今日のこれからの行き先は、ワヒアワだ。

 ちょっと遠いので、朝の行動もなるべく控えめにしてやってきた。そんなことで、せっかくの〈タイムス〉も素通りとなってしまった。

 ワヒアワは、行かないと気がすまない町になってしまった。その理由の第一は、なんといっても、ひなびた町の姿にある。民家が中心なのだけれど、なんだか心安まる姿なのである。
 そして、大好きな「グッドウィル」や「サルベーション・アーミー」の存在。加えて、食べ物も、さほど数があるわけではないけれど、独特なものがある。
 忘れてならないのは、日系のスーパー、「タムラ・マーケット」。その棚の上の品揃えは、ワイキキ方面では味わえない勉強の場でもある(勉強しているのだから)。問題は、ここでそれらを詳細に見ていく気力とパワーが残っているかどうかだ。
 そうそう、マニアックなミリタリー・ショップも、ここならでは。それに、観光客が少ない(いないといってもいい)のもいい。と、いいことずくめの町なのであります。