ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

カルビ・プレートが大好きだ〔2018年4月4日(水):2日目 50〕

f:id:hawaii-ojisan:20200616082549j:plain

カルビ・プレート


21時過ぎ
 やっと食事。毎日、遅い夕食だ。ハワイでは、一日が30時間ほどだと、ちょうどいいのだけれど。
 買ってきた、プレートを開ける。カルビのいい香りがフワ~と空気中に舞い上がる。ああ、もう一緒に天まで昇ってしまいそうにいい香りだ。
 大きなお肉が、プレートの3分の2ほどを覆っている。見た目も、バツグン。ブロッコリーとキャベツの緑が、茶色のお肉を引き立てている。感想はそれくらいにして、早く食べなくては。

 当然、なかは、もう熱々ではない。電子レンジがあるから、使うか迷ったけれど、まっ、少し暖かければよしということにした。あとは、ハワイのビール。これさえあれは鬼に金棒。史上最強のコンビ誕生だ。そういえば、昨日もこんなことをいってたっけ。腹が減った。ムシャムシャ開始。夜の9時過ぎに夕食。ああ、ハワイしてると実感できる。