ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

ランドリー・ルームはコミュニケーションの場〔2018年4月4日(水):2日目 49〕

f:id:hawaii-ojisan:20200615130719j:plain

ランドリー・ルームへの通路



20時30分頃
 ホテル到着。すぐに食事をしたいところだけれど、まずはシャワー。そして、いつもの洗濯。さらに、ランドリー・ルームという一連の流れ作業を今日も行うことにした。「今更ランドリーじゃねぇだろ、腹が先だろ」という自分もいたけれど、ムチ打って決行。

 ランドリー・ルームに行くと、今日は、昨日までの「Tシャツ・多忙」の彼はおらず、華奢な白人女性(ちなみに美人ではありませんでしたが、感じよし)がひとり、衣類の折りたたみ作業にいそしんでいた。もしかしたら、今日は空いているかもしれない、という期待に胸膨らむ。


 さっそく、空いている乾燥機を探す。しかし、空いていそうなのが見つからない。すると、女性が僕に声をかけてくれた。空いている洗濯機を教えてくれたのだ。
 乾燥機だけを使いたいことを伝えると、ちょっと不思議な顔をして、「それなら、これをお使いなさい」と空いている乾燥機も教えてくれた。自分が使っていたヤツだろうか、諦めかけていたので助かった。

 操作の仕方知ってんだから、という顔をしながら、慣れた手つき風に1時間の設定をした。つまみを回すだけなのに、慣れた手つきもないのだけれど……。
 まだ衣類をたたんでいる女性にお礼をいって退出。1時間後が楽しみだ。乾燥機、万歳!

 

 考えてみると、ランドリー・ルームに行くと、誰かしらに会え、話すきっかけができるようだ。そんな場としてのランドリー・ルームは、都会では貴重な存在なのかもしれない。嫌な人に会う可能性もあるけれど、いい人に会う可能性のほうに望みをかけましょう。それにしても、ずっとここに住んでいられたらなぁ。