ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

ミスター・ピーナッツの魔力〔2018年4月4日(水):2日目 39〕

f:id:hawaii-ojisan:20200605081446j:plain

ピーナッツ・メーカー


 そして、セールのミスター・ピーナッツ(PLANTERS)の大きなボトルを見つけた。「ああ、バッグの場所を取りそうだ」と思える大きなボトルに入ったピーナッツだった。

 昔からミスター・ピーナッツのデザインが大好きで、このマークの付いた商品には、つい手が出てしまう。さほど食べたくないのに、ピーナッツ・ジャムを懲りずに何度買ったことか。
 そして、大昔のハワイでは、このミスター・ピーナッツの形をしたピーナッツ・メーカーがほしくって、〈トイザらス〉をグルグル徘徊し、店員さんから、すでにそんなものは売っていないことを知らされ、その場で泣き崩れたこともある。

 今回も、このマークに惹かれて商品に近づき、容器ほしさも手伝って、スルリと手が伸びた。ああ、このボトルの形、たまりません。「2本買っちまうか……」、「いや、それは危険だな」という、ひとり問答の結果、1本となりました。
 買い物カゴは、あれもこれもと増えていく。そして、忘れてならない、ビタミン関係。やはりこれはここでの必須アイテムだ、ということになっている。