ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

もちろん、帰りもたいへん〔2018年4月4日(水):2日目 37〕

f:id:hawaii-ojisan:20200603093304j:plain

乗り換えのバス停付近


16時48分
 433バス登場。なんと20分以上も待っていたことになる。

16時55分
 433バス下車。そしてまた、Eバスへの乗り換え作業だ。ああ、混んでるワイケレで止まってくれればいいのに、どうして、こんなことをさせるんだろうと、また思う。
 ワイケレのバスツアーを儲けさせたいのか、あるいは、来させたくないのか……愚痴りたくもなる。きっとあっち(どっちだ?)にしたら「Eは急行だから……」とか、深い言い訳があるのだろうけれど、こうなると、「そんなこと知りたくないっ!」となる。

 バス停のあるこの辺り、住宅地だけれど、道路は黒く高いフェンスで覆われ、その奥に民家の屋根だけが見える。なんだか、閉塞感いっぱい。早くここから脱出したくなるような味気なさを感じさせる。こんなことを思ってしまうのも、この乗り換えのせいだっ! と、イライラは頂点に。楽しいハワイにいるのに、こんな人間になっておりました(猛省)。

17時9分
 Eバスに乗車。運良く座ることができた。座れなかったら、倒れていたかもしれない(と思えるほど)。ここに来てからずっと歩いていたのだから、疲れて当たり前だろう。どこかでお茶でもしてくればよかったのだ。
 433の次にE。両方の待ち時間を合わせると、30分ほど。もし毎日来るとしたら、たいへんだろう。買い忘れなんかあったら……、恐ろしい。

 こんな心身ともにボロボロの状態だと、途中の景色など見る気もしない。ということで、いつの間にかウトウト。はっきり目が覚めたのは、チャイナタウンに入ってからのことだった。