ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

〈Sprout(スプラウト)〉〔2018年4月4日(水):2日目 23〕

f:id:hawaii-ojisan:20200520062423j:plain

〈スプラウト〉


 気になるお店は、古いビルの1階にある小さなお店だ。一面ガラス張りの窓には、サンドイッチハウスと書いてある。店の名は、〈Sprout(スプラウト)〉。窓側に数席あるようで、食べている人の姿が見える。レジの前には人が並んでいるから、人気なのだろう。

 小さな店だから店で食べるのは難しそうだ。となると、テイク・アウトとなり、車がないと、どこで食べりゃいいんだい問題が発生する。席が空いている時ねらい、となると旅人には使うのが難しい。サンドイッチ、大好きなのだけれどなぁ~。サンドイッチにビールという組み合わせを考えると、ヨダレが出てきそうだ。

 お店のことをネットで調べると、ハワイの野菜を使い、その場で作ってくれるのが特徴らしい。値段は、10ドル前後。ネットで予約ができるようだ。いつからあるのか調べると、どうやら2015年かと思われるのだけれど、間違っていたらごめんなさい。
 で、「スプラウト」って何だ? ということになるのだけれど、かいわれのような発芽野菜のことのようだ。知らなかった。なるほどお店のマークになっている。
 ということで、店外からのリサーチでした。
 
 〈Sprout〉を見てから、この辺を歩いてみることにした。つまり、バス停から離れて行くことに。

 ここはまだワイキキやダウンタウンのように開発が行われていない、人々の生活のぬくもりを感じられる場所である。大きな店はないけれど、一つひとつのお店は、キラキラ光っているようだ。
 とはいえ、おいしかった〈ビクトリア・イン〉がなくなってしまったり、小さな果物屋さんがなくなったり、ジワジワと変化が起こりつつある。このくらいは仕方のない範囲なのだろう……けど、つらい。