ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

あれは夢幻だったのか?〔2018年4月4日(水):2日目 16〕

f:id:hawaii-ojisan:20200513055216j:plain

カピオラニ公園端


 これから、大好きなカイムキの〈グッドウィル〉だ。ここもまた、チェックしないと、すべてが始まらないくらいに、大切なお店になってしまった。サンスーシーからカイムキまで、いつものように歩いて行く。この散策も大好きだ。

 カピオラニ公園を通り抜ける時、先ほどの朝市で、野菜はともかく、フルーツでも買って帰ることにした。いつもならパキ通りから途中の小さな公園(ここが大好きな公園だ)を抜けて進むのだけれど、曲がらずにまっすぐ進む。

 そして、先ほどの会場近くまで行くと、なんとまったく静かな駐車場があるだけ。あれは、夢、幻だったのかと思えるほど、きれいにあとかたもない。ゴミすらなし。
 そう、もう朝市の時間ではなかったのだ。残念、朝市は見つけた時が勝負のようだ(水曜の朝、1時間の営業らしい)。がっかり顔でモンサラット通りに入る。あのフルーツがあれば今宵は……逃がした獲物は大きい。