ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

〈パイオニア・サルーン〉〔2018年4月4日(水):2日目 8〕

f:id:hawaii-ojisan:20200505140352j:plain

アラワイ運河


 アラワイ通りは、消防署の所でカパフル通りにぶつかる。いつもなら、レアヒ通りに入るのだけれど、今回はパキ通りに入った。
 パキは、道の舗装がわるいのと、暗い感じがするので、いつもは使わない道だ。住宅街が見えるレアヒのほうが好きだ。そんな道を今回使うのは、こちらからのほうが近いと思われたお店、〈パイオニア・サルーン〉を確認したかったからだ。
 ところが、パキがモンサラット通りに行き着いて、右側にあると思っていたその店は……ない。左を見ると、どうやらそっちのほうだ。こうなると、レアヒ通りから行ったほうが近かった。トホホ、となる。

 一度行ってみたい、そして食べてみたいと思っている〈パイオニア・サルーン〉。以前、夕方暗くなってから店の前を通った時、明るい店内から漂う暖かそうな雰囲気が忘れられないでいた。もちろん、沢山の人であふれていた。以来、ずっとこの店が気になっていた。
 そして今回、初めてなかに入ってみた。アットホームないい雰囲気だ。日本人旅行者の、おじさんとおばんさがいて、壁のメニューを見ていた。そのうしろから、僕も覗く。値段は、10ドルを少し超えたものというレベルだろうか、品数豊富でどうしたらよいのかわからないほど。少しネットでお勉強してから来る必要がありそうだ。
 今回は、食べるつもりがないので、見学をしただけで店を出た。いつかチャレンジしてみたい。