ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

紙の下着ねぇ〔2018年4月4日(水):2日目 4〕

f:id:hawaii-ojisan:20200501095114j:plain

洗濯機


8時55分
 そろそろ洗濯物を取りに行こう。行ったり来たり、これがやっかいだけれど、乾燥してくれるのだから仕方ない。とはいえ、この時間、もったいない。

 ランドリールームから、カラカラに乾いた我が洗濯物を回収。完璧に乾いた衣類は気持ちがいい。誰も見ていないのを確かめて、廊下で頬ずり。笑いたくなるほど気持ちいい。

 さて、今後のランドリー対策をどうするか。夜は、みんな洗濯したいだろうから、混むだろう。そうなると、朝利用するのがよいということになる。しかし、毎朝、こんなことで時間を取られるのはなぁ、とため息が出る。やはり部屋干しでいいかなと思えてくる。

 洗濯を考えて、下着やTシャツ、ハーフパンツも、ほとんど綿製品ではなく、ポリ系にしたのだけれど、それでも一晩で乾かすことは難しい。そして干す場所問題。こんなにいい季候のハワイで、洗濯に頭を悩めるなんて……。下着は紙とでもいくか、いや、いっそ紙オムツなんてのも……。