ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

あっ!朝食がない〔2018年4月4日(水):2日目 3〕

f:id:hawaii-ojisan:20200430202456j:plain

ラナイから


 ランドリー問題も解決し、朝食だ。実は、朝食用のブツを昨日買っていなかった。あるのは、牛乳。そして、機内でいただいた朝食用のパンひとつ。本当だったら、昨日食べるものだけれど、冷蔵庫に入れておいたので、問題ないだろう。
 前述したように、僕は、これをサバイバル・キットだと思っている。安全な飛行機から、わけのわからない世界に急に放り出されるかわいそうな人たちに、これだけは持って行きなさいよ、と飛行機会社が愛の施しをしてくれたのだ。
 これがあることで、どれほど助かったことか。水は、すぐに買えなかった時に、大いに役立った。そして、パンは、今朝のようにも役立つことになる。ということで、牛乳にパンの朝食。コーヒーでもあれば、まだいいのだけれど、その準備もない。これでは、旅行の初心者状態だ。情けない。
 まあ、こんなものでも、ハワイの景色を見ながら食べれば贅沢な朝食だ。窓際のテーブルで、パンをほおばる。いとうまし。ミルク、ゴクゴク。目標、1日500cc。

 今日の天気は、あまりよいとはいえない。ベッドから起きて窓ガラス越しに見たら、スモークガラスのせいか、雨が降っているのかと思えた。あわてて窓を開けると雨は降っていない。しかし、山側からは黒い雲がどんどんわきでてくる。もうひとつしかし、海のほうを見ると、青空が見えているという変な天気だ。困ったものだ。日本にいる時に天気を調べてきたけれど、あまりいいものではなかった。まっ、こればかりはどうしようもないから、ままよ人生、その日暮らしだ。