ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

最強の夕食〔2018年4月3日(火):1日目 53〕

f:id:hawaii-ojisan:20200425155345j:plain

ラナイからの夜景


21時30分
 ようやく夕食。なんて遅い食事なってしまったのだろう。しかし、不思議とお腹は空いていなかった。やはり初日は体調がおかしいのだろう。

 夜景を見ながらの食事。これを、日本にいる時から楽しみにしていた。そのためのセッティングにかかった。
 窓を開ける。ここにはラナイはついているけれど、椅子やテーブルが置ける広さではない。やっとエアコンの室外機が置けるようなスペースなのだ。だから、窓を開け、その前にテーブルと椅子を置いて、室内で食事をするスタイルとなる。それでも、ここの景色、そしてハワイの外気に触れられれば、なんの問題もない。
 いくらラナイに出られても、外の景色は前のビルだけだったり、他のラナイから丸見えというようなラナイは、まったく用をなさない。それに比べたら、ここのラナイは最高の部類だ。

 ハワイのビールとポキ、ライス、サラダをテーブルに並べて食べる。ウーン、ハワイ最強のコンビに違いない。
 「おいしい、おいしい」と連呼して、無我夢中になって食べた。そして、ビール、グビグビ。