ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

サラダがねぇ〔2018年4月3日(火):1日目 46〕

f:id:hawaii-ojisan:20200418143421j:plain

サラダ(少し食べてます)


 やはり野菜は摂っておきたい。ということで、パックになっているサラダコーナーの前を熊のようにウロウロする。考えると、ハワイに来ると毎回こんなことをしている。進歩がないなぁと思えた。
 サラダも、ポキと同じくらいに悩む存在だ。これは種類ではなく、価格が高いせいだ。ポキ以上の価格になることもある。おかしな話だ。悩んで、今回、僕が選んだのは、手のひらに乗るような小さなサイズのサラダ。これでも、3.59ドルもする。ポキと変わらない価格だと思うと、なんだか癪にさわる。
 これを入れると、夕食料金は、約千円となった。これは、安いのかどうなのか、という価格に跳ね上がる。すべてサラダがわるいのだ。こうなると、もう少し出して、安いプレートを食べたほうがいいのではないかとなってしまう。当然、悔しい。すべてサラダがわるいのだ……ということとなった。かわいそうな、サラダ。

 いつまでもサラダの悪口ばかりいっていてもしょうがない。早めに土産も買ってしまうことにした。クルクル店内を回って行くうちに、どんどんカートのなかは増えていく。大好きなマカデミアナッツ、チョコ、ピーナッツ、ハワイのビール12本、ワイン、ミルク……。当然のことながら、重くなっていく。