ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

贅沢な景観〔2018年4月3日(火):1日目 44〕

f:id:hawaii-ojisan:20200416131955j:plain

ラナイからの景色


 部屋に戻って、ラナイの前の椅子に座り、ポツンとしている。外の景色を見て、「ああ、いいなぁ」の連呼。これなら快適なハワイを過ごすことができそうだ。それも21階。アラワイ運河が大好きだ。遠くに見える山も大好きだ。そして反対側は、シティ・ビュー。これも好きだ。

 このコンドのいいところは、西向きのラナイの前には、2階や4階ほどの小さな建物があるだけで、景色を遮る大きな建物がまったくないことだ。これは、まさしく贅沢な景観。今どき、こんな場所もめずらしい。ここも開発ラッシュで、そのうち変わってしまうのかもしれないけれど、今のところ大丈夫そうだ。なんて、ありがたいことだろう。ずっとこのままだといいのだけれど。

 部屋の利用の仕方を確認しておくことにした。あれこれ確認していると、結構時間がかかった。一応、すべて理解しておきたかった。料理をするつもりはないから、キッチンは利用しないだろうけど、電子レンジくらいは使うかもしれない。そんな確認を終えてから、夕食の買い物に出かけることにした。行き先は、〈ドンキ〉。今日2度目の訪問だ。ご苦労なことであるが、苦ではない。