ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

ゴミ捨て問題〔2018年4月3日(火):1日目 42〕

f:id:hawaii-ojisan:20200414091455j:plain

コンドの通路(きれいです)


 一通りの説明を受けたあと、「ランドリーを説明しましょう」といわれた。「いえ、ランドリーは使いませんので」と即答すると、「横にトレーニング・ルームもありますから」とのこと。「それも絶対に使いませんから」というのも角が立つので、とりあえず見せてもらうことに同意した(これがのちのち、よいアドバイスだったことになる)。

 ランドリーに行く前に、ゴミの出し方を教わった。これは重要項目だ。前回泊まった時は、いちいちゴミ捨てをフロントに依頼しなければならなかった。それが面倒で、出かける時に、近くのアパートのゴミ捨て場や道路のゴミ箱に、迷惑にならないレベルで捨てていた。
 旅行中、部屋で食事をすると、ゴミが結構多く出る。ビール瓶、お弁当のトレー、包み紙などなど、これを日々処理することは、それなりのストレスがあった。これで、自分でゴミを処理できる。ゴミ問題から解放されることは、大きな喜びだった。

 さて、捨て方は、なんと、ゴミ用のダクトから落とす方式。いたってシンプル。落とす場所さえ知っていれば、今後もこのコンドを利用したときに役に立つ。ちなみに、ハワイのゴミ処理は分別処理ではないようだ(これを書いている今、どうなのか?です)。