ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

ワイキキの〈ロス〉〔2018年4月3日(火):1日目 40〕

f:id:hawaii-ojisan:20200412103325j:plain

ハワイっぽい風景ということで


16時10分
 やっと〈ロス〉発見。ロイヤルハワイアン通りのひとつ先の道が、シーサイド通りだったのだ。こうなると名前なんかついているより、カイムキ地区のように番号でも振っておいてくれたほうが楽だけれど、味気ない街になるだろう。ハワイの道の名前は、楽しくって好きだ。

 さっそく初めてのお店の探検開始。ここでも旅行鞄の下見だ。いろいろあるけれど、先ほどのアラモアナのお店のほうが種類はあったように思えた。

 疲れていたせいか、他にものを見ようという気にならない。つまり気力、体力、ありません状態だったのだ。鞄の下見を終えて、今回、ここはもう来ないだろうと判断した。コンドに近いから、品物さえあれば便利なお店なに違いないのだけれど。

 せっかくだから、店の周辺を少しウロウロしながらホテルに戻ることにした。こんな時間は貴重だ。
 ワイキキのど真ん中のホテルに泊まったら、もっとワイキキを身近に感じるのだろう。泊まるホテルによって、活動範囲は大きく変わる。そういう意味では、泊まるホテルの場所って、重要だ。今のコンドは、どちらかというと、ワイキキに背を向けた場所にある。僕はそれでいいと思っているのだけれど、それが寂しいと思う人もいるだろう。