ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

カヌヌ通り徘徊〔2018年4月3日(火):1日目 31〕

f:id:hawaii-ojisan:20200403090519j:plain

カヌヌ通りのビキ


15時
 〈ロス〉出発。〈ロス〉横のカヌヌ通りを歩いて〈ドンキ〉に向かう。まだ明るいからいいけれど、少し暗くなると、この辺りを歩くのは好きじゃない。人通りが少なくって、怖くもある。

 この通りで、初めてレンタル自転車のビキが並んでいるのを見つけた。話には聞いていたけれど、初めて見る光景だ。自転車の明るい水色がきれいだ。
 自転車は好きだけれど、ハワイでこれは、便利なのだろうか。ちと気にはなるけれど、なぜか利用しようという気にはならない。いつか利用するのだろうか。

 この辺りは、買い物に便利だ。近くにいいホテルがあれば、さぞかし便利だろう。歩く目の前にパゴタ・ホテルがあるけれど、積極的に泊りたいホテルではない。にもかかわらず、近年、その宿泊費は決して安いものではなく、首を傾けたくなる。昨今、ハワイのホテル代の高さ、納得できない価格になっている。需要と供給、これから、もっと高くなっていくのだろうか。となると……。