ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

昔の〈ロングス〉のほうが……〔2018年4月3日(火):1日目 29〕

f:id:hawaii-ojisan:20200401154356j:plain

カピオラニ・コーヒーショップのメニュー


 使っておかなければいけないのが、SCのトイレ。ここは巨大なみんなのトイレ・センターだ。最近、ここだけ寄って、またバスに乗ってしまうことも多い。
 ここのトイレも「立派になっちゃって」、というくらいにきれいになってしまった。昔は……と、ついまたいいたくなる。

 トイレを出たら、〈ロングス〉だ。ここで、まずは物価のリサーチをしてからハワイの生活は始まるといってもいい。
 〈ロングス〉は、昔と変わってしまった。最初、変わったことに気づいた時、なんか変だぞ、変だぞと昔との違いに戸惑った。それはアメリカの大手薬局チェーン・CVSのグループに入ったせいであることは、あとになってわかった。
 名前はそのままだけれど、大きく経営方法が変わったようだ。それがいたる所に表れている。昔は、多くの店員さんが忙しそうにウロウロ(「忙しそうにウロウロ」は変かな)していたけれど、そんな姿は、今はない。そして、レジも簡素化されてしまっている。店内の泥臭さがよかったのに、なんだか洗練されてしまったように思える。昔のままという棚もあるけれど、全体的になんかきれいになっちまったのである。そこが嫌だ。それに昔はもっと……と、またそんなことばかりいいたくなる。

 今回も店に入ると、やはり以前のような賑わいがないように思えた。それでも、ここの利用価値は大きい。だから来てしまう。
 ざっと価格を調べてから〈ロングス〉を出ることにした。これでもうアラモアナ・SCに用はない。大好きなアラモアナ・SCは、こんな程度の利用なのだけど、好きなのである。

 本当は、新しくできたお店をチェックすべきなのだけれど、なぜかそんな気になれない。自分には用がないように思えたこともあるけれど、面倒だったのだ。新しいことに関心を示さなくなったら、ちょっとあぶないかも。