ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

ハエもパワフル〔2018年4月3日(火):1日目 20〕

f:id:hawaii-ojisan:20200323173029j:plain

バス停


11時42分
 〈グッドウィル〉前のバス停。
 バスを待っていると、あのハワイのしつこいハエ攻撃を受けた。そういえば、先ほど横断歩道で信号待ちをしている時もやってきたっけ。払っても払ってもやってくる。どうしてこうもハワイのハエはしつこいのだろう。アメリカ人気質というか、ネバーギブアップなのである。それに比べて日本のハエは、あっさりしている。なんて日本人的なんだろう、と思っている。南国のハエは、エネルギッシュなのだろうか。

 バス停の前には、建設途中の鉄道の橋脚が、ドーンと建っている。威圧感のある存在だ。これに乗れる日は、僕がハワイに来る時代にあるのだろうか。
 
 なにをしていても、17時30分にコンドに到着していなければいけないことが頭から離れない。いつものように、勝手気ままに動けないことはつらいものがある。
 
11時51分 
 42番バス到着。待ち時間約10分。なんて短時間でやって来たことか。こんなことで、これからいいことありそうだ、なんて思えてしまうバスの待ち時間。どんな時でも、ニコニコしてバスを待てるようになれたなら……そんな枯れた人になりたいものだ(無理か)。

 バスに乗り、席に座って、ほっと一息。周りをよく見ると、いろんな人が乗っている。疲れている時は苦痛を感じてしまうけれど、そうでなければ、おもしろいことのほうが多いバスの車内。普段歩いていても、こんな人たちとこんなに身近になることはない。そして、こんなにじっくり観察できることもない。だからバスは、よい人間ウォッチングの場所である。

 バスに乗ってからも、パールリッジ・SCで降りるか迷っていた。パールリッジ、行く必要があるのか、と思える施設になってしまった。それなりに使える店はある、〈メーシーズ〉、〈ロス〉、〈ロングス〉。ただ、そのために、ここで時間を使うことが、今回できない。コンドでの待ち合わせ時間が気になるのだ。そんなことで、パールリッジ・SCを横目に見ながら通過する。
 次は、〈セーバーズ〉で降りればいいから、ゆっくりバスの旅を楽しめる。こんな時間も大切だ。