ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

パール・ハーバー[2018年4月3日(火):1日目 14]

f:id:hawaii-ojisan:20180404050545j:plain

消防車


10時20分 
 いろんな疑問も解決しないうちに、42番バスがやってきた。運転手に手を振ってから、パチパチ君と一緒に、バスに乗りこんだ。

 前述したように、僕も今回、パール・ハーバーに行こうと思い、いろいろ調べていた。海にある、アリゾナ記念館は予約制だ。この予約制であることが、今回やめた原因のひとつでもあった。
 パチパチ君に、「予約をしたのか」聞いてみた。すると、アリゾナへは行かず、記念碑だけに行くのだという。さらにハワイは「4年前に来て、これが2回目」らしい。
 2回目にしては、落ち着いているなと思えた。自分が2回目の時は、もっと緊張していたように思える。彼からは質問もなく、こちらから身の上話をすることもないので、自分のことは話さずに進む。
 メモリアル訪問後は、「建設中の鉄道も見たい」というので、「まだ足場だけしかできていない」情報を伝えた。いったい、どこまで行って見るつもりなのかは、わからない。
 鉄道の橋脚は、こちらのほうまで伸びているようで、その工事のせいか(あるいは慢性の渋滞か)、道路は非常に混み合っている。