ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

両方向ありの空港のバス停[2018年4月3日(火):1日目 10]

f:id:hawaii-ojisan:20161110063419j:plain

ダニエル・K・イノウエ国際空港のバス停

 

9時30分
 バス停。空は、雲は多いけれど晴れ間もあるという、晴れと言い切れないあやしい天気だ。もどかしい。

 いつもは待っている人が少ないバス停なのに、今回はお友達が多い。行き先は違うとはいえ、なんだか心強さを感じる。離れた所には、日本人の女の子達もいる。空港からバスを使う人が増えたのだろうか。頼もしくなったものだ。

 しばらくすると、坊主頭の日本人のおじさんがやって来て、やたらと写真を撮りだした。こんな所で写真を撮るなんて、自分以外にはいなかったはずなのに、同じ種族なのだろうか、驚きだ。
 おじさんは、写真を撮ったあともそのままいるので、バスを待つ仲間のようだ。彼の近くにいる日本人の女の子に、「これが10セントですか」なんて話しかけている。なぜか、「そうきたかっ!」と思うと同時に、次回使いたいとも思えた。

 定刻になってもバスは来ない。最近、時刻に正確だと思っていたのに、どうやらまたいつものようにさぼっているようだ。あんな大きな図体で、どこでさぼっているのか不思議だけれど、さぼっているのだ。と、思うようにしている。

 バスの料金は、この2018年から片道2.50ドルから2.75ドルになっていた。また値上げだ。来る度にバスの料金は、あがっていく。そしてまたシステムが変わっていた。1日パスってのができて、これは5.50ドルだ。往復料金を先に払えば、1日乗り放題ということになり、これならもう1日パスを買う以外の道はないと思える料金設定だ。
 その代わり、あのトランスファーがなくなった。4日間有効のパスもなくなったから、これで買うかどうかで悩む必要がなくなった。なくなって、よかったなと思えた。