ハワイ大好きおじさんの〈ハワイ路地裏探検隊〉  by北嶋茂

『ハワイ大好きおじさんのアロハ!最後のわがままひとり旅』その後

ハワイ路地裏探検隊・・・といっても、時々、カラカウア通り歩きます。怖いから、ビルの谷間や暗い夜道は歩きません。そして、「隊」と名付けていますが、群れません。「ひとり隊」が基本です。そんな軽~い路地裏探検隊ですが、確かなのは、高級レストランや高級ホテルには出没しないこと。そして、移動は徒歩とバスが基本。そんなことだけが隊員規則かもしれません。 ハワイ話を中心に、たぶんそれだけではもたないので、日常のたわいもないこと(10円拾ったとか)を綴ります。さて、いつまでお店を開けていられることやら・・・。

マカハ・ビーチ〈出発前5〉

f:id:hawaii-ojisan:20200426115020j:plain

昔のマカハ・ビーチ


  新しいトレイルに行かないとすると……今まで行ったことのある、ふたつのトレイルが思い浮かんだ。ひとつは、マカプー・トレイル、もうひとつは、カイヴァリッジ・トレイルだ。ここさえ押さえておけば、完璧というトレイルだと思っている。そこにダイヤモンドヘッドを加えてもいいのだけれど、それはいつでも行けるので、放っておこう。
 マカプーは、帰りに時間が許せば近くのココヘッドの植物園にも行けるかもしれない。

  さて、自分にとってトレイルって、なんなんだろう。あのハワイの大自然を味わいたくって、行っていたのだけれど、ただ楽しいだけだったのか。もしかしたら、苦痛なのではないか。最近、そんな疑問が浮かんでいた。
 白状すると、楽しくもあり苦痛でもある。行ってみれば、「やっぱり来てよかった」と思えるのだけれど、現地に行くまでのルートやどんな所に入りこんでしまうのだろうという不安は常にある。だから、楽しくもあり苦痛でもあるのだ。
 そんな不安が出るのは、情報が少ないからだ。本もないし、ネットで調べても、ほしい情報が出てこない。そして、バスで行くとなると、それだけでもたいへん。当然のことながら、バスは、入り口の目の前までは連れて行ってくれはしない。

 ココヘッド・トレイルやコロワル・トレイルでの体験は、楽しいだけではなかった。感激と同じくらいの苦痛。ハワイでそこまでやる必要があるのか、という疑問が頭をもたげた。とはいえ、やっておいてよかったなと思うのも事実だから難しい。ひとついえるのは、若いうちはやっておいた方がいいかな、というところか。

 トレイルではないけれど、あれだけ好きだったマカハ・ビーチは、最近、行かなくなってしまった。決して忘れてはいない。いつもハワイに行く時は、必ず思い出す海だ。観光客も目立たず、静かに海を楽しむのには最高なのだけれど、行くのに時間がかかりすぎる。あの往復の時間を違うことに使いたい……そんな普通の考えかたになってしまったのだ。情けないなぁ。しかし、もし行っていないなら、1度は行っておいたほうがいい海だ(あちら方面は、ハワイの複雑な事情も抱えているようだから、それなりの準備や注意が必要だ)。1カ月滞在できたら……また行ってみようっと。